CiNii Researchの本公開について

北海道の農村社会・再考

書誌事項

タイトル別名
  • 上川地方南部上富良野町の事例に即して

この論文をさがす

抄録

type:総説

北海道の農村社会は大きな変容の過渡にある。北海道の農村社会は「農事組合」型集落として特徴づけられてきた。それは成員のほとんどが農家で構成されていることで成り立ってきた集落であるが,高度経済成長期以降の農業構造変動による戸数減少,在村離農等による成員構成の変化等もあいまって集落の変容が進んできている。本稿はそうした北海道の農村集落の変化とその性格について,上川地方南部の農村を事例として,開拓期以来のやや長期の視点で分析・考察しようとしたものである。北海道の農村の展開過程は,戸数変動の面からみると,1900年前後から1920年前後までの戸数増加の時期,戸数増加が一段落する1920年代から高度経済成長期前までの相対的安定期,高度経済成長期以降の長期の戸数減少期の3つの局面に分けることができる。「農事組合」型集落が成立するのは相対的安定期で,それが変容するのは現在まで続いている戸数減少期である。戸数減少期では,離農にともなう戸数減少だけでなく,集落の成員の変化,多様化が進み,それらは農家を主たる成員としてきた「農事組合」型集落の転換を迫ることになる。こうした状況に対して事例地域においても,集落の大幅な再編・統合が進められた。その主な内容は,農事組合を農家だけの組織とするとともに少戸数化に対応した統合,農家の組織としての農事組合と非農家世帯も含む地区の全住民が参加する住民会とを,組織的にも機能的にも明確に分離したこと,その上で旧来の農事組合の範域での農家と非農家を含めた組織として班を設けたこと等である。こうした集落の再編・統合等を経て事例地域では農村集落のあり方は大きく変化してきている。その変化の方向は,「農事組合」型集落から「農村住民組織」型集落への転換として捉えることができるのではないか。

identifier:901561

identifier:ZZ00013978

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ