【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

教材用 分解・組立型ジャイロ・カット模型の紹介(その2)

書誌事項

タイトル別名
  • Introduction of Dis/Assembly-Type Gyro Cut Model for Education in Maritime Systems Engineering, No.2

この論文をさがす

抄録

東京海洋大学は、国立大学法人としての大学教育と登録船舶職員養成施設としてのライセンス教育を合わせもつ特色ある大学であり、海洋工学部の学生は専門科目の中で、船舶にとって重要なセンサの一つである方位センサとしてジャイロ・コンパスを勉強しなければならない。ジャイロ・コンパスの指北原理に関する一般的理論ついては、ジャイロ・コンパスの構造により大別されるアンシューツ系(2つコマ)、スペリー系(1つコマ)があり、アンシューツ系のカット模型についての紹介は前報にて行った。本稿では、学生がその原理、構造、特性をより効果的に理解可能とする教育用教材としてのスペリー系カット模型について紹介する。本カット模型は東京計器株式会社の協力のもと、最新モデルであるTG8000シリーズを用いて作成した。

Tokyo University of Marine Science and Technology (TUMSAT) has been educating the maritime systems engineering, and a student can get a license of deck officer. I introduced a gyro cut model, CMZ900 series, of the Anschuts system, on which students study as a specialist of university student in maritime systems engineering of TUMSAT and a cadet of master mariner. As you know, the students must study another type’s gyro system: Sperry system. In this paper, I introduce the dis/assembly-type gyro cut model of the Sperry system, TG8000 series, as a new cut model for more effective education. This new cut model has been made by the cooperation of Tokyo Keiki Co., Ltd. The gyro sensor is TG8000 which is the latest gyro-compass for the ocean going vessels.

東京海洋大学学術研究院海事システム工学部門

Department of Maritime Systems Engineering, Tokyo University of Marine Science and Technology (TUMSAT)

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ