【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

台湾における野ネズミからトキソプラズマの検出

書誌事項

タイトル別名
  • Isolation of Toxoplasma from Wild Rats in Taiwan

この論文をさがす

抄録

台湾でブタとイヌにおけるトキソプラズマの存在は確認されているが,人体の感染例の報告はなく,その他の動物からも検出されていない.著者は台北市郊外のブタ小屋で捕獲した野ネズミ15頭中の1頭からToxoplasma gondiiを検出,台湾におけるネズミからの最初の検出例として報告した.このネズミは見かけ上健康で,その発見場所,ネズミの一般的習性からみて種々考察の資料になるので,台湾における従来の研究成果をも挙げて討議を附した.また長大風研による沖縄での調査成績に鑑み,台湾でもこの種の系統的研究が行なわれるべきであると述べた.

Using mice passage, a strain of Toxoplasma was isolated from the brain of an apparently healthy wild rat captured in a hog-pen, and identified immunologically as Toxoplasma gondii by challenging with a type strain. This is considered to be the first isolation case of this protozoa from rats in Taiwan. Some related literature was also briefly discussed.

identifier:長崎大学風土病紀要 8(3), p.153-157, 1966

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ