CiNii Researchの本公開について

今、ソール・ベローを読む面白さとは:遠藤周作と比較して

書誌事項

タイトル別名
  • Capturing public imagination when reading Saul Bellow in the present: Let’s read him with Japanese writer Shusaku Endo
  • イマ ソール ベロー オ ヨム オモシロサ トワ : エンドウ シュウサク ト ヒカク シテ

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

ソール・ベローとほぼ同世代の遠藤周作とを比較する。アイデンティティの葛藤、フランス留学、病い、アウシュヴィッツ訪問、弾圧などの観点から論を進めていくと、ソール・ベローの『サムラー氏の惑星』と、遠藤周作の『沈黙』が、両作家のホロコーストへの応答であることがわかる。

Although Saul Bellow and Shusaku Endo seem dissimilar, they have several commonalities: They experienced conflicted religious identity, studied in France, suffered a serious childhood or adolescence illness, and visited Jerusalem and Auschwitz. Furthermore, they have both met Holocaust survivors in Paris, which made an impression on them. A detailed analysis of Bellow’s Mr. Sammler’s Planet and Endo’s Silence reveals that these works may be a response to the Holocaust. This is similar to Erie Wiesel’s Night in response to the father who in death called his name.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ