CiNii Researchの本公開について

一般病棟看護師のDNAR 指示に対する捉え方と抱いているジレンマ

書誌事項

タイトル別名
  • Perceptions and Dilemma Regarding DNAR Instructions Held by Nurses in the General Ward of Hospital A
  • イッパン ビョウトウ カンゴシ ノ DNAR シジ ニ タイスル トラエカタ ト イダイテ イル ジレンマ

この論文をさがす

抄録

(目的)一般病棟に勤務する看護師のdo not attempt resuscitation(以下DNAR)指示の捉え方と抱いているジレンマを明らかにし、対応策を検討する。(方法)A 病院の一般病棟勤務の看護師339名を対象に患者・家族、医師、看護師に関する計22項目を4段階で回答する調査票を用いて無記名式自己式質問調査を実施した。(結果)有効回収数211名(有効回答率62.2%)、経験年数1年以上4年未満43名、4年以上10年未満89名、10年以上79名であった。DNAR 指示を正しく捉えていたのは12名(6%)であった。ジレンマを抱いたことがある人は165名(78%)であり、看護師はDNAR が決定した患者と関わる中で知識、技術の不足を感じていた。(結論)DNAR について誤認識やジレンマを抱いている看護師が多く、学習会等により、DNAR に関する正しい知識を学び、よりよいケアに繋げる必要がある。

(Objective) To clarify the perceptions and dilemma regarding “do not attempt resuscitation (DNAR)” instructions held by nurses in the general ward of Hospital A, and to discuss countermeasures for the dilemma.(Methods) A total of 339 nurses working in the abovementioned ward were asked to complete an anonymous self-administered questionnaire with a total of 22 items related to patients, families, physicians, and nurses on a four-point scale.(Results) We collected 211 responses (response rate 62.2%). Of the total participants, 43 had between one and four years of nursing experience, 89 had between four and ten years of experience, and 79 had over ten years of experience. Only 12 (6%) nurses correctly understood the meaning of the DNAR instructions. Furthermore, a total of 165 (78%) nurses faced adilemma and felt that they lacked sufficient knowledge and skills for working with patients with a DNAR decision.(Conclusion) Many nurses misunderstand the meaning of DNAR and face a dilemma regarding it; therefore, it is important for them to acquire correct understanding of DNAR. This can be accomplished by holding training sessions and by helping them engage and care for patients.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ