CiNii Researchの本公開について

カントにおける美的経験の意味について

この論文をさがす

抄録

青空を見上げて「美しい」と思うとき何か不思議なことが起こっている。われわれはなぜ「美しい」と思うのだろうか。カントが『判断力批判』の第一部「美感的判断力の批判」を美の分析から始める理由は,このような素朴な美の経験に含まれる不可思議さにあると言ってよい。カントは美の経験の不思議さに促されて,そこから美の経験の意味を明らかにしようとする。われわれが美を経験しているということ,また美を経験しうるということは何を意味するのか,と。 本論の目的は,『判断力批判』におけるカントによる美的経験の意味の探求は,いわゆる〈美学〉の範疇に属すのではなく,「私は何を望むことが許されるのか」という問に対応することを示すことにある。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ