【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

太宰治と絵画

この論文をさがす

抄録

太宰作品には、日本画や西洋画をはじめ、登場人物に至るまで多くの絵画や画家を駆使し、虚構の世界を形成している。日本画は江戸時代の北斎や光琳を用い、人間の心理の種々相や精神性を表現する(『富嶽百景』等)。それらは〈日本固有の伝統〉的なものとして〈旧時代〉を表象する。西洋絵画は〈印象派〉や、それ以降の〈近代絵画〉を中心とし、特異なベックリン(「十五年間」)やモジリアーニ(『人間失格」)に着目し、主人公の心象風景や思想の象徴として用いている。それらは〈革新的〉な意味合いで捉え、〈新時代〉を表象している。登場人物にも主人公や友人、肉親等に画家や画学生として受容しているが、太宰は日本画と西洋の〈近代絵画〉を使い分けることにより、〈人間革命〉、〈道徳革命〉を標榜しようとしたのではなかろうか。

identifier:KG000700000381

収録刊行物

  • 京都語文

    京都語文 7 228-251, 2001-05-01

    佛教大学国語国文学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ