CiNii Researchの本公開について

オンライン授業時における大学新入生の生活習慣、活動量に関する調査研究

書誌事項

タイトル別名
  • A Study on the Lifestyle and Activity Levels of New Students in Online Classes

この論文をさがす

抄録

The purpose of this study was to investigate the impact of online classes on the lifestyle, physical health and mental health of first year university students, and obtain basic data to develop more effective health education in the future.The results showed that lifestyle changes in online classes caused negative impacts on all aspects of health, such as an irregular lifestyle, poor sleep quality, reduced food intake, undernourishment, decreased physical activity and fitness, mental instability and stress.It was also found that quality of sleep, physical condition and time spent on physical activities were reciprocally interrelated with stress management.Changes in lifestyle and loneliness which comes from lack of communication during online classescan be considered to cause significant impacts on physical and mental health. Therefore, it is suggested that well-planned classes that provide health-related knowledge and communication opportunities to students are essential.本校の新入生を対象にオンライン授業が日常生活や心身へどのような影響を及ぼしているか調査し、今後のより効果的な健康教育の構築にむけての基礎資料を得ることを目的に行った。その結果、生活習慣の不規則さ、睡眠の質の低下、食事量の減少、欠食、身体活動量の低下、体力の低下、精神面の不定愁訴、ストレスの訴えなどが多くみられ、オンライン授業による生活習慣の変化はすべて健康度を低下させる要因に傾いていた。また、ストレスマネジメントにおいては睡眠の質、体調、運動時間が複合的に関連していることが明らかになった。オンライン授業時は生活リズムの変化とコミュニケーション不足からくる孤独感が身体面、精神面に大きな影響を及ぼすと考えられるので、授業時においては食生活、睡眠・休養、運動などでより望ましい生活習慣の知識の伝達、孤独感や不安感を避けるためにコミュニケーションの機会を作るなどの授業の工夫が重要であることが示唆された。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ