【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ON-FARM TOURISM ACTIVITY AND ATTITUDES OF THE OPERATORS : A HIROSHIMA-UMBRIA COMPARATIVE CASE STUDY

書誌事項

タイトル別名
  • ファームツーリズム活動ト経営者ノ意識ニ関スル一考察 : 広島-ウンブリア比較分析

この論文をさがす

抄録

type:text

イタリア中部のウンブリア州のアグリツーリズム農家と広島県の農家民宿の活動と経営者の意識を調査データに基づき比較分析した.ウンブリア州のアグリツーリズムは活動水準が高く, 広島の場合には活動水準が低いと対比できる.分析の結果, 新規就農か否か, 営業期間, 経営状況, および将来の計画などの点で対照的な違いがみられた.全般に, ウンブリアのアグリツーリズム農家は, 積極的にその活動に取り組んでおり, その結果地域資源の活用水準も高くなっている.これは, 農家内でツーリズム活動を始める留保費用の違いが原因と考えられる.これは, 広島では農外兼業化がすすみ, 農家内活動への留保費用が高いためと考えられる.したがって, ウンブリア型のツーリズム活動は, 相対的に留保費用が低いと考えられる, 新規就農者, 農家女性, 経営転換を検討している農家経営者にとって有効なモデルとなりえると考える.

As a result of a comparative analysis of the activities and attitudes of agri-tourism operators in Umbria, Italy and the farmhouse accommodation providers in Hiroshima, Japan, based on data from surveys conducted by the authors, we defined Umbria as being at a higher equilibrium stage than Hiroshima. We found differences in terms of the portion of operators from a non-farming background, operation period, business performance, and attitudes concerning future directions. Generally, operators in Umbrian agri-tourism were more positive, creating characteristic activities and attracting urban tourists, than their counterparts in Hiroshima. Thus, a higher utilization of farm resources is achieved in Umbria than in Hiroshima. The main factor attributed to this difference is to the reservation cost for starting agri-tourism; which is higher in Hiroshima where there are more off-farm job opportunities available for farmers than in Umbria. Thus this Umbrian model can be effective for new entrants, farming women and those who consider a new direction of farm due to their relatively lower reservation cost for the new job on-farm.

source:The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ