【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

多様性が尊重される授業デザインの分析と考察

抄録

type:text

[概要]「多様性を認める」といった言説には全ての子どもの多様性を尊重することの必要性を説くものがあるが、1つの授業が全ての子どものニーズを満たすことは難しい。少しでも多くの子どもの多様性を尊重できる授業デザインとはどのようなものなのかを明らかにするために、本稿では多様性が尊重される教育について典型的と考えられる授業の様子を記述することを試み、記述された授業について「達成度としての学力差」「学習スピードの差」「学習スキルの差」「学習スタイル、認知スタイルの差」「興味・関心の個人差」「生活体験の個人差」という観点から検討を行った。その結果、授業者が推奨する生徒のやるべきことが決まっている典型的と考えられる授業デザインは、授業者がやるべきことを全て生徒に強制させ続けなければならない「単チャンネル型授業デザイン」の枠組みとして説明できることが示唆された。

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ