【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

高度救命救急センター看護師の胸骨圧迫・BVM換気の現状

書誌事項

タイトル別名
  • Current status of chest compressions and BVM ventilation for nurses at the Advanced Emergency and Critical Care Center

この論文をさがす

抄録

A病院高度救命救急センターは3次救急を担っている。救命センター看護師はDrヘリや救急車で搬送された患者の初期診療や、入院中の患者の急変で胸骨圧迫やバックバルブマスク換気を実施する機会が多い中で、胸骨圧迫、バックバルブマスク換気の質はどの程度維持されているのか疑問に感じた。そこで、救命センター看護師の胸骨圧迫・バックバルブマスク換気の現状調査を目的とし、胸骨圧迫、バックバルブマスク換気の測定を行った。その結果、看護師経験年数、救急経験年数、クリニカルラダー、初期診療の実践の有無に有意差は認められない結果となった。

Article

信州大学医学部附属病院看護研究集録 48(1) : 10-13(2021)

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ