【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

大陸規模河川流域を対象とした流出モデルの開発ータイ国チャオプラや川流域を対象としてー

書誌事項

タイトル別名
  • Development of Macro Grid Hydrological Model for Large River Basins‐Application to the Chaophraya River Basin‐

この論文をさがす

抄録

大陸規模の河川流域における洪水を予測するためには, 洪水を水循環の中の現象の一部として捉えモデル化する必要がある。そのためには, 気象モデルと水理・水文モデルとの結合を念頭においた流出シミュレーションシステムを構築することが重要となる。そこで, 対象流域を気象モデルでのグリッド位置・大きさを想定したグリッド型の流域に分割し, 各々のグリッド流域に集中型モデルを適用してそれらを相互に結合することによって流域全体の水移動を表現する流出シミュレーションシステムを構築する。このシステムをタイ国チャオプラや川流域に適用しシステムの性能を検証する。

To predict flood or drought disasters and future water resources for large river basins, it is very important to combine atmospheric models, hydrological models and flow routing models. In this paper, a method to build a macro scale rainfall runoff model is presented and a method to generate channel network data sets, which are essential for making flow routing models, from the River Course Data Set in the DCW(Digital Chart of the World) and the GLOBE(Global Land One‐km Base Elevation) data sets is presented. A macro scale rainfall runoff model for the Chao Phraya River Basin is made and runoff simulations are carried out.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ