【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

屋外大型傾斜ケーブル模型を用いた斜張橋ケーブルの空力振動に関する研究

書誌事項

タイトル別名
  • Field Observation of Wind-induced Cable Vibration Using Full-scale Cable Model and Its Vibration Mechanisms

この論文をさがす

抄録

本研究は, 斜張橋傾斜ケーブルにおいて観測される, 各種空力振動現象の発生メカニズムを解明するために, 屋外に大型ケーブル模型を設置し, 自然風下での動態観測を行ったものである。台風0111号が潮岬に接近した際, 強風下で激しいケーブル振動を観測し, その振動現象について考察を行った。さらに, 風洞実験によって静止傾斜円柱における変動空気力を測定し, 傾斜ケーブル周りのカルマン渦放出特性と斜張橋ケーブルの空力振動現象との関連性について検討を加えた。

This study aims to clarify generation mechanisms of inclined cable aerodynamics, such asvortex-induced vibration at high reduced wind velocity, rain-wind induced vibration, galloping and so onby field observations using full scale cable model. A large amplitude vibration was observed understrong wind and heavy rain condition, and then, its type of vibration is discussed. Also, wind tunnel testswere conducted and the mechanisms of inclined cable aerodynamics are considered.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ