【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

全球的降水量極値の長期変動に関する解析 -NCEPとECMWF再解析データの検討-

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Long-term trend of global-scale precipitation extreme-Examination of the NCEP and the ECMWF reanalysis data-

この論文をさがす

抄録

米国大気海洋庁のNCEP 再解析データと欧州中期予報センターの再解析データ(ERA40)の降水量を用いて, 1958 年~2001 年の期間の年平均降水量・年最大日降水量について, 全地球スケールの変化傾向を調べた。NCEP 再解析の全球平均した年平均降水量はやや減少傾向であるのに対して, ERA40 のそれは増加傾向を示す。全球平均した年最大日降水量に関しては, NCEP 再解析データではかなり小さいが, 両データセットで増加傾向が見られた。NCEP 再解析データやERA40 データにおける年平均日降水量の変化傾向の全球分布には, いくつか共通点が見られるものの, 多くの差異がある。両データセット間で, 年最大日降水量の気候学的分布に大きな差が見られた。また長期変化に関してもパターンが異なった。これらの結果は数値モデルの降水スキームに大きく依存していることを示唆しており, それについての詳細な研究が必要である。

Using the NCEP reanalysis data and the ECMWF 40 years re-analysis (ERA40), we investigatedglobal-scale tendencies for annual mean and annual maximum daily precipitation rates during the periodbetween 1958 and 2001. For the NCEP reanalysis data, annual mean precipitation rates slightly decreasedduring the period, but those for the ERA40 increased clearly. On the other hand, annual maximum dailyprecipitation rates averaged globally increased for both datasets, although the magnitudes were quitedifferent. Long-term trends of annual maximum daily precipitation differed in the distribution and themagnitude with both datasets except at several grid points. These results suggest that the long-termtrend of the precipitation extreme depends upon the precipitation scheme, so it is necessary to investigatethe availability of the scheme.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050845760623900928
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/129230
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ