【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

二水素燐酸ルビジウム(RDP)の反射及び吸収スペクトル

この論文をさがす

抄録

type:Article

二水素燐酸ルビジウム(rubidium dihydrogen phosphate; RbH2PO4)はRDPと呼ばれ、水素結合をもつ強誘電体として有名なKDP(KH2PO4)と同族結晶で、KをRbに置換したものである。KDP型結晶の中で、KDPとADP(NH4H2PO4)は円偏光素子やレーザー光の倍周素子としてよく知られており、その光学的な性質について多くの研究がなされている。1)2)しかしながら、RDPについてはここで報告する基礎吸収ばかりでなく、屈折率もいまだ知られていない。最近ではRDPも、レーザー光の倍周素子として使われ始めており、その光学的な面での研究が要求されている。

identifier:http://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/handle/10291/13036

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ