CiNii Researchの本公開について

学生は「日本教育実習」から何を学んだか

書誌事項

タイトル別名
  • What Students Gain from Teacher Training : Japanese as a Second Language

この論文をさがす

抄録

本稿は、「日本語教師養成プログラム」の2009年度の「日本語教育実習」において、受講学生が何を感じ、何を学んだかをまとめることにより、副専攻レベルでかつ日本人学生と留学生の混在する「日本語教育実習」のあり方を検討する第一段階である。検討の結果、日本人学生・留学生共通の学びとして、「教師」や「教えること」についての学びとともに、日本語ネイティブである日本人学生は日本語を教える難しさを感じた一方、留学生は自らが日本語学習者であった経験をもとにすればさほど困難は感じていないことがわかった。また、留学生は、日本語を教えることが母国語を見つめなおす機会ともなっていることがわかった。

This report expains the first step of teacher training preparation for teachers of Japanese as a Second Language (JASL). Student teachers learn not only from the classes they are taking but also from direct experience teaching JASL.As a result of this experience, Japanese students learn how difficult it actually is to teach JASL, even though they are native speakers of Japanese. Foreign students (in this case Chinese students) can sometimes more easily teach Japanese as a foreign language, and they find the JASL training course can be an opportunity for them to examine their own language (Chinese) more closely.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ