【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

踵骨超音波計測値と橈骨DXA法による骨密度との比較検討

書誌事項

タイトル別名
  • A Comparative Investigation of Bone Mineral Content Measured through Calcaneus Ultrasonic Measurements and the Radial DXA method.

この論文をさがす

抄録

type:Article

若年齢層を対象として乾式踵骨超音波骨評価装置であるAOS-100を用い踵骨超音波計測値に検討を加え,さらに同一対象者に対し橈骨DXA法でも骨密度を測定し両検査法の計測値の関連性を比較検討した。身長や体重の増加にともないDXA法では橈骨骨密度の増加が認められたが,超音波計測値では身長,体重との相関関係は認められなかった。体育会系の3つのクラブに注目し両検査法の計測値を比較検討した。前腕の使用頻度が高いサイクリング部で橈骨骨密度が高く,足底の運動刺激の比較的多いバトミントン部が音速(SOS),透過指標(TI)および音響的骨評価値(OSI)全てで高く,有意差(p<0.05~0.001)が認められた。踵骨超音波計測値と橈骨骨密度との関係であるが,音速,透過指標及び音響的骨評価値と骨密度との相関を調べたが,有意な相関関係は認められなかった。測定場所が踵骨と橈骨と異なる部位であることを十分に考慮する必要があると思われた。

In addition to an investigation of the Calcaneus ultrasonic measurements using the AOS-100 which is a Dry Calcaneus Ultrasonic Bone Evaluating Equipment, and further measurements of the same subject made using the Radial DXA methods with young people as subjects, we carried out a comparative investigation of the relationship between measurements of methods of testing. We were able to observe an increase in the Radial Bone Mineral Content that accompanies an increase in height and body weight, but were unable to find a correlation between height and body weight in that the ultrasonic measurements. With concern to the calcaneus ultrasonic measurements and the radial bone mineral content relationships, we examined the correlation between the speed of sound measurements, transmission index, Osteo Sono-Assessments index and bone mineral content, but were unable to find any significant correlation. However, it is thought that due cosideration should be paied to the fact that respective regions of measurement differed, being those of the Calcaneus and Radius.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ