【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

農家の階層的変動要因についての一分析

書誌事項

タイトル別名
  • Factors Affecting Structural Changes of Japanese Agriculture

この論文をさがす

抄録

type:Article

本稿は,農家の耕地規模の変動,離農,農家の新設と関連する要因を農家の労働力編成,耕地条件,農家経済の諸指標から検出し,農家の階層的変動の要因を解明する一助たらしめんと試みたものである。離農が多分に農業の経営的に不利な状況に起因するのに対して,耕地規模の縮小は農外就業機会への農家労働力の吸引の結果として生ずる傾向にある。農業経営の有利さは,一般的には稲作と結びつくことが多いが,それは耕地規模の安定化をもたらす傾きがあるように思われる。耕地規模拡大の動きは,家計費水準の向上に農外所得の増加で対応しがたい農家が,農業所得の増大を目指す努力の過程で生ずる傾向が認められるが,それだけに,生産力的基礎づけに乏しいといえる。同じ事情は農家の新設を活発にする傾きがあるが,それだけでは決定的な要因とはいいがたい。

In this paper the author tries to find out the factors that have affected structural changes of Japanese agriculture in the 1960's, by means of correlation and regression analysis. One of the important factors is the size of the land, especially the rice-field, that the peasants cultivate, upon which it conciderably depends whether they have kept or given up its cultivation. Another factor that the author have found of great importance is the opportunity for non-agricultural jobs, which has determined whether they should expand the land they cultivated in order to secure them higher income by agricultural work or they should decrease it depending more on non-agricultural income.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ