CiNii Researchの本公開について

丸山眞男の日本人の思考に関する仮説の検討 : 商品ブランドおよび使用価値との関連で

書誌事項

タイトル別名
  • マルヤマ マサオ ノ ニホンジン ノ シコウ ニ カンスル カセツ ノ ケントウ : ショウヒン ブランド オヨビ シヨウカチ トノ カンレン デ
  • On Prof.Masao Maruyama's Hypothesis about the Japanese Thinking : in Relation to Product Brand and Value in Use

この論文をさがす

抄録

丸山眞男のおこなった日本人の思考における特徴の分析について,その記述を追跡し,それによって丸山仮説の検討を試みた。丸山の記述内容によって,筆者は日本人が外来の文化を取り入れる際に,丸山のいう日本的偏向が存在し,その理由に彼のいう「原型」(「執拗低音」,「古層」とも表現しているが)があるという仮説が説得的であると考える。丸山の指摘するこのような思考方法が,日本で流行するような特定の有名商品ブランドのもつなんらかの特徴の解明に結びつくのではないかという考えうる根拠を与えられたからである。しかし同時にこの仮説の根拠となっている「原型」があると想定できるとしても,その「原型」の根源はどこに求められるか,ということについての実証的研究が困難であるという課題が残されていることがあきらかとなった。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ