【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

里親と乳幼児里子との愛着形成に関する研究 : 里親の困りとその支援に焦点をあてて

書誌事項

タイトル別名
  • Process of Attachment Building in a Foster Child to a Foster Parent : Focusing on a Foster Parent's Problems and Support for him or her.

この論文をさがす

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

本研究では,乳幼児里子の養育経験のある里親を対象に半構造化面接を行い,里親と乳幼児里子との愛着形成プロセスにおける里親の困りとその支援について,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)を用いて分析を行った。その結果,里親は委託当初と里子の小学校への就学前後において,それぞれ質の異なる不安や困りを抱えているということ,そして,必要となる支援も異なっていることが見いだされた。また,愛着適応レベル(Boris&Zeanah,1999)や発達障害の有無が里親と里子の愛着形成までにかかる期間に大きな影響を与えていることを考察した。

We collected the data from 8 Foster Parents who experienced to bring up Foster Infants, through semi-structured interviews, in order to clarify the process of attachment building in such children. The data were analyzed by Modified Grounded Theory Approach(M-GTA), focusing on Foster Parents' problems and support for them. As a result, Foster Parents have many problems and need supports when they begin foster nursing. In addition, when Foster Infants enter into elementary school, Foster Parents have the other problems, and so they need different supports. Furthermore, a term of attachment building is influenced by the level of attachment problem(Boris&Zeanah, 1999), or whether a foster child have any developmental disorders or not.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ