CiNii Researchの本公開について

ラットの網膜虚血再灌流モデルにおける顆粒球コロニー形成刺激因子の有効性

書誌事項

タイトル別名
  • Effectivity of granulocyte-colony stimulating factors in a model of ischemia-reperfusion injury in the rat

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

type:特集

type:FEATURE ARTICLES

Sprague Dawleyラットを用いて網膜虚血再灌流モデルにおける顆粒球コロニー形成刺激因子の有効性を調べた。網膜電図のb/a振幅比は網膜虚血再灌流処置後7日で増加した。顆粒球コロニー形成刺激因子の投与はこのb/a振幅比の増加を抑制することができなかった。また全網膜の厚さに対する網膜内層は網膜虚血再灌流処置で増加し,またこの増加は穎粒球コロニー形成刺激因子の投与によって抑制された。網膜組織中のNF-kappaB mRNAの発現は顆粒球コロニー形成刺激因子の投与によって増強された。以上から,顆粒球コロニー形成刺激因子は網膜虚血再灌流障害に影響を与えるかもしれない。

Effectivity of granulocyte-colony stimulating factors was investigated in a model of ischemia-reperfusion injury in the Sprague Dawley rat. The b/a ratio of electroretinograms was increased seven days after the ischemia-reperfusion injury. But the increased of its ratio was not inhibited by the injection of a granulocyte-colony stimulating factor. Thickness of the inner layer against the whole retinal thickness was increased after the ischemia-reperfusion injury, and its increase was inhibited by the injection of a granulocyte-colony stimulating factor. The impression of mRNA of nuclear facter kappa-B in the retinal tissue was higher by the injection of a granulocyte-colony stimulating factor. Therefore granulocyte-colony stimulating factor may be modelated at the the ischemia-reperfusion injury of netina.

identifier:publisher

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ