CiNii Researchの本公開について

新卒看護師の看護実践能力評価における2年間の変化

書誌事項

タイトル別名
  • Practical nursing skills that novice nurses acquire during the first two years of employment: comparison of self appraisal and trainer appraisal

抄録

本研究は新卒看護師が就職後2年間で獲得する看護実践能力について、2005年4月にA病院に就職した新卒看護師と指導者の85組を対象に新卒者の就職後6ヶ月、1年、2年後に調査した。 看護実践能力の測定にはP.M.Schwirianらが開発したSix-Dimension Scale of Nursing Performance(以下、6-D)を用いた。6-Dはリーダーシップ5項目、クリティカルケア7項目、教育・協調11項目、計画・評価7項目、対人関係・コミュニケーション12項目、専門職開発9項目の計51項目で、各項目の回答は「よくできる(4)」~「できない(1)」の4段階評定とし、未経験で回答できない場合は「該当なし」とした。 調査結果、1)自己・他者評価から、就職後1年より2年では全ての領域でより「できる」方へ変化していた。2)「できない」が1割以上ある項目は、クリティカルケア領域の「社会資源の活用」や教育・協調領域の「死にゆく患者の精神面を支援」であった。3)自己評価と他者評価について、就職後1年ではクリティカルケア以外は自己評価の方が高かったが、就職後2年ではクリティカルケア、教育・協調、計画・評価、専門職開発の4領域で教育・協調以外は他者評価より自己評価のほうが低かった。就職後2年の看護師は意識的に自分の活動を行うようになり、チームメンバーとしての管理能力を高める時期でもあるため、自分に対しより厳しく評価していることが考えられる。また、リーダーシップ項目に関しては、管理能力や熟練した技術が必要であるため、就職後2年の看護師にとっても獲得しにくい領域と考えられた。 これらより、就職後2年目の看護師はA病院の目標にはほぼ達しているといえるが、病院と地域との関連など社会資源に関する知識の提供や死生観を養う研修や事例を通した研修、管理能力を高める研修を入れるなど新卒看護師の向上心へ働きかける研修プログラムを入れていくことが必要である。

The present study investigated practical nursing skills that novice nurses acquire during the first two years of employment by investigating 85 pairs of a trainer and a novice nurse who began working at hospital A from April 2005 at 6, 12 and 24 months after starting work. Practical nursing skills were assessed using the Six-Dimension Scale of Nursing Performance (6-D) developed by Schwirian and colleagues.Results: 1) Practical nursing skills that were acquired during the first two years of employment were assessed by the novice nurses and trainers as being at the level of "barely capable" , which was close to "capable". 2) During the first two years of employment, the ratio of "incapable" by self appraisal was _>10% for "Use social resources" (critical care subscale) and "Give emotional support to dying patients"(teaching/collaboration subscale), and items reported as "not applicable" by self appraisal and trainer appraisal existed in the leadership subscale. Since these items require management skills and expertise, they are more difficult for nurses to acquire during the first two years of employment. 3) With regard to the differences between self appraisal and trainer appraisal, after one year of work, self appraisal was higher than trainer appraisal for subscales other than "critical care", but after two years of work, self appraisal was lower for subscales other than "critical care", "teaching/collabolation", "planning/evaluation", "professional development activities". The reason for this was that nurses in their second year of work began to act more consciously and strived to gain better management skills as team members, and thus became more critical of themselves. Therefore, during the first two years of employment, it is important to provide training to novice nurses to acquire knowledge about social resources, an understanding of views regarding life and death, and management skills.

identifier:110008917887

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050845763228808832
  • ISSN
    1344-7505
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1164/00000064/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ