【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

An Introduction to Kidawida : The Language of the Taita in south-east Kenya(I)Nouns, Adjectives and Numerals

この論文をさがす

抄録

type:論文

type:Article

グリンバーグJ.H.Greenbergは『アフリカの言語』The Language of Africa,1966のなかでアフリカの言語分類に関する体系を示している。そこでは、ケニア南東部のタイタで話されている言語であるタイタ語は、ダヴィダ語、サガラ語、カシガウ語の三つに下位区分されるが、いずれもニジェル・コルドファンNiger-Kordofanian語族のなかのニジェル・コンゴNiger-Congoグループのなかのベヌエ・コンゴBenue-Congoグループの下位分類であるコンゴCongoサブグループに属す。これは、一般にバントゥ系言語とよばれる。タイタ語は、タイタ、カシガウ、サガラの3つの丘陵地帯、および、その山麓のヴォイを中心とするウッドランド・サバンナ帯で使用されている言語である。タイタ世界の言語に関しては、サガラ語に関する研究が1890年代にアルフレッド・レイAlfred Wrayにより行われたが、タイタ社会のなかで最も多くの人々により使用されているダヴィダ語に関するまとまった研究はなかった。筆者は、これまで、タイタ社会に関する社会人類学的研究と並行してダヴィダ語の語彙の収集を行ってきたが、それをもとにレイのサガラ語に関する研究を参照しながらダヴィダ語の文法に関する研究を現地の調査協力者と共に進めてきた。これは、タイタ語の語彙集の作成と一体をなすものである。本稿vol.Iでは、名詞、形容詞、数詞を取り上げ、vol.II以下で代名詞、動詞、副詞などを取り上げる。

This paper based on social anthropological research in the Taita Hills that explores the linguistical and cultural diversities among the Taita. The language of the Taita can be divided into three groups: Kidawida, Kisaghala and Kikasighau. The major one of them called Kidawida is spoken mainly in the Taita Hills. It has the common characters of the Bantu languages: noun classes, prefix concordance, etc. In this volume, I'll analyze grammartical features of Kidawida in nouns, adjectives and numerals. Nouns in Kidawida can be classified into eight classes. The structure of nouns and adjectives is similar to the Swahili language, although numerals in Kidawida are different from Swahili. In the following volume, I'll continue to analyze pronouns, verbs, adverbs and others. This is because linguistical analysis is good for understanding their culture.

identifier:2

identifier:KJ00004616751

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ