【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

コネクショニズムを応用した第二言語習得研究の試みⅢ : 発話行為を想定した過去時制の学習

書誌事項

タイトル別名
  • コネクショニズム オ オウヨウシタ ダイニ ゲンゴ シュウトク ケンキュウ ノ ココロミ 3 : ハツワ コウイ オ ソウテイシタ カコ ジセイ ノ ガクシュウ

この論文をさがす

抄録

type:論文(Article)

石崎 (2011) では、コネクショニズムを第二言語習得研究に応用した実習例として、同一の被験者が母語と第二言語で過去時制を学ぶシミュレーションを提案した。この実習例では、信号化した音素による入出力自体を軸とすることにより、母語と第二言語を共通のフォーマット上で扱うことを可能にしている。しかしながら、実際の発話行為を想定した場合、動詞の原形を表象する音韻の入力に対し、その過去形を表象する音韻を出力するという場面は考えにくい。そこで本研究では、意味表象を軸とするフォーマットを用いることにより、実際の発話行為を想定した母語と第二言語による過去時制の学習を模擬する実習例を提案する。今回のシミュレーションの結果、第二言語での学習は、いずれもバイリンガルの学習より早い段階で完了したが、母語による学習と比較した場合には、先に学習した母語によって学習完了の段階が早くなる促進効果と遅くなる干渉効果の両方が確認された。

収録刊行物

  • 山形英語研究

    山形英語研究 14 7-26, 2013-03-31

    山形大学地域教育文化学部山形英語研究会

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ