CiNii Researchの本公開について

流水養魚池における細菌群と増殖速度

この論文をさがす

抄録

流水式養魚池の物質代謝において,細菌類は重要な役割を果していると考えられる。本報では,池水交換率,細菌数,細菌の増殖速度等を調べることによって,池水交換率が,池の浮遊性細菌群と付着性細菌群に与える影響について検討した。その結果,池水中の細菌数は池水交換率が一定であれば定常状態を示し,log (ml当りの細菌数)=3.65-1.25log (1時間当りの池水交換回数)という関係が得られた。池水交換率が0.2h-1よりも大きい池では,池水中の細菌の大部分は付着性細菌に由来するものであり,付着性細菌の増殖速度は0.01(1時間当りの分裂回数)であった。また本研究において,次のような事が明らかとなった。池の物質代謝において,池水交換率が0.2h-1より大きい場合には付着性細菌が,0.2h-1より小さい時には浮遊性細菌が,それぞれ重要な役割を果していると考えられる。

identifier:250680

identifier:ZZ00014408

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ