【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ダイコン赤しん症の発生要因に関する研究(1)

書誌事項

タイトル別名
  • 温度及び品種と発症の関係

この論文をさがす

抄録

ダイコンの赤しん症の発生に及ぼす気温・地温及び品種の影響について検討した。その結果は以下の通りである。1. 赤しん症の発生は,ダイコンの生育初期にはみられず,根の肥大が著しい根重300g前後で発生し,その後,根の肥大に伴って増加した。2. 赤しん症の発生は,6月上旬から7月中旬までの播種期のもので多発した。3. 赤しん症は,昼温21℃-夜温9℃では全く発生しなかったが,同24℃-18℃では25%,30℃-21℃では83%に発生し,高気温が赤しん症の発生を助長した。4. ダイコンの生育ステージを変えて高地温に遭遇させた結果,生育前期に地温が高くても赤しん症の発生は少なかったが,生育後期に高いと赤しん症は多発した。5. 赤しん症の発生とマルチ資材および寒冷紗被覆との関係については,無マルチ,マルチ途中除去,寒冷紗の被覆で赤しん症の発生が少なかった。6. 赤しん症の発生と栽植密度との関係については,畦幅110-130cm,株間24~30cmの範囲では,畦幅,株間とも狭いほど赤しん症の発生が少なかった。7. 赤しん症の発生率は品種により0から93%まで変動した。

identifier:392998

identifier:ZZ00016679

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ