CiNii Researchの本公開について

針葉樹材のロータリー単板切削(2)

書誌事項

タイトル別名
  • フィジー産カリビアマツ,インドネシア産メルクシマツ,カシヤマツ

この論文をさがす

抄録

フィジー産カリビアマツ及びインドネシア産メルクシマツ,カシヤマツについてベニヤレースによる単板切削試験を行い,単板品質からみた適正切削条件を明らかにした。一般に,単板厚さが厚くなるほど単板の厚さむらは増大する傾向がみられるが,供試3樹種の場合単板厚さが薄いときでも厚さむらは大きく,特にメルクシマツ及びカシヤマツについては問題がある。厚さむらを低下させるためには,チャックによる原木の固定に留意する必要がある。メルクシマツ及びカシヤマツの裏割れ率は,刃口水平方向間隔が85%~90%の条件で最小値を示すが,単板厚さが3mm程度であれば裏割れ率は20%程度と非常に低く,特に厳密に刃口条件を選択する必要はない。カリビアマツでは刃口水平方向間隔を80%に設定しても,裏割れ率を単板厚さが3mmの場合30%以下,6mmの場合40%以下にすることは難しい。単板の面あらさは,原木1回転分の単板でも,切削方向と生長輪とのなす角度が順目及びほぼ平行方向になる部分に比較して,逆目方向になる部分が非常に粗くなる。メルクシマツの場合他の2樹種に比較してやや単板面が粗いが,3mm単板切削で刃口水平方向間隔を90%前後に設定すれば,実用上特に問題のない単板を得ることができる。

identifier:442385

identifier:ZZ00010758

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ