CiNii Researchの本公開について

香辛料,野菜・果実および植物が含有する揮発性化合物の抗カビ性試験

この論文をさがす

抄録

香辛料12種のカビ生育阻害および野菜,果実等9種ならびに植物が含有する揮発性成分15種(アルデヒド類,アルコール類,ケトン類,炭化水素類)の胞子発芽抑制効果を調べた。香辛料では,クローブ,シナモンなどが各種のカビに対して特に強い生育阻害効果を示した。シソ,ニンニクなど従来から強い抗菌性が知られていたものの他に,ゴボウ,ドクダミなどもカビ胞子の発芽阻害作用を示すことが分かった。揮発性成分では,アルデヒド類に強い胞子発芽阻害効果を示すものが多かったが,なかでもいわゆる青葉アルデヒドのtrans-2-hexenalの強い作用が注目された。

identifier:461116

identifier:ZZ20005621

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ