CiNii Researchの本公開について

佐賀県における東松浦半島の農業の到達点

書誌事項

タイトル別名
  • 「海浜台地学」第I編第1章第2項

この論文をさがす

抄録

佐賀県における東松浦半島は、面積で10.5%、経営耕地面積で9.3%を占める。農林統計上の「中山間地域」は存在しないが、実際は諸々の地域振興立法で指定されている条件不利地域にほかならない。東松浦半島も、全国・九州の半島と同様、農業粗生産額シェアを、9.9%(1968年)から、10.9%(78年)、11.4%(88年)、14.4%(98年)へと着実に拡大し、佐賀平坦農業にキャッチアップしている。シェア拡大寄与部門は、果実、工芸作物、畜産である。面積・農業内容において、佐賀県における東松浦半島の位置や動向は、日本・九州の半島の縮図的存在と見なされる。

identifier:640002

identifier:ZZ00014461

収録刊行物

  • 海と台地

    海と台地 13 9-14, 2001-07

    佐賀大学海浜台地生物生産研究センター

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ