【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

レタスビックベイン病に対する有効薬剤と処理条件

この論文をさがす

抄録

レタスビッグベイン病の化学的防除技術確立のため、本病に対する有効薬剤の探索と処理条件の検討を行った。殺菌剤36剤を供試し、本病媒介糸状菌であるOlpidium菌の感染阻害効果、発病抑制効果及び薬害発生程度を調査した結果、チオファネートメチル剤の有効性が確認された。本剤は、濃度350ppm以上をレタス根圏部に十分量、移植当日に潅注することで優れた防除効果を示した。さらに、防除効果は約1ヵ月間持続し、薬害は認められず、レタス生育初期の防除技術として有効であることが明らかとなった。

identifier:682282

identifier:ZZ00014149

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ