CiNii Researchの本公開について

7月咲き小ギクの暗期中断処理による開花調節

書誌事項

タイトル別名
  • 高需要期に合わせた計画生産

この論文をさがす

抄録

露地における小ギクの計画生産を目的に、7月咲き小ギクの中から日長感応性品種を選抜し、暗期中断処理による高需要期出荷を検討した。1.自然開花期が7月の小ギク14品種から日長に感応する13品種を選抜した。このうちの8品種を4月19日に定植し、6月11日に暗期中断処理を終了すると、4品種が高需要期である8月上旬に開花した。2.暗期中断処理による開花反応期間の年次差は小さいので、7月咲き小ギクと暗期中断を組み合わせた盆出荷用の計画生産が可能と考えられた。3.6月から8月にかけての高温期における暗期中断処理後の開花反応期間は、自然日長の変化に対応して変動した。この結果から、彼岸出荷ならびに同一品種による継続出荷の可能性が示唆された。

identifier:690567

identifier:ZZ20004168

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ