【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

長期にわたり植物(雑草)摂食行為を示したプードル犬の高繊維含有給餌による改善症例

この論文をさがす

抄録

7年間にわたり毎日植物(雑草)を食べては嘔吐することを繰り返していた11歳去勢雄ミニチュアプードル犬が来患した。犬は散歩に行くたびに雑草を食べ、その後嘔吐することを繰り返していた。医学的検査では異常は認められなかった。行動学的検査と稟告を通して、我々はこの犬が植物を摂食する何らかの理由を有していると診断した。我々は犬が餌に欠乏しているものを補充するため、あるいは消化を助けるために植物を摂取していると推測したので、飼い主に現在の餌を与えることを中止し、高繊維食餌を与えるよう指示した。その結果、餌を高繊維食餌に変えて3日後より植物摂食と嘔吐が無くなったことを飼い主から聞いた。餌を高繊維食餌に変えて13ケ月間、犬に臨床検査上問題は無かった。以上のことは、特に繊維欠乏食が犬の植物摂食行動に関係している事を示唆している。

identifier:742663

identifier:ZZ00004754

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ