【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

釧路川水系一支流におけるイトウ(Hucho perryi)の産卵生態

書誌事項

タイトル別名
  • 2006年の調査における産卵期間、産卵床数およびその分布の特徴

この論文をさがす

抄録

2006年に北海道東部釧路川水系の一支流で、絶滅が危惧されている日本最大の淡水魚イトウ(Hucho perryi)の産卵生態調査をおこなった。調査において産卵期間は4月1日から5月7日までの37日間、産卵床は65床、水温は0.9-7.0℃を記録した。北海道中部や北部の河川において本種は4月下旬から産卵を開始し、産卵期間は7日から14日程度、産卵期の水温は3-7℃程度と報告されているが、北海道東部に位置する本研究の対象河川では、北海道中部や北部の河川よりも産卵開始日は3週間程度早く、産卵期間は長期であり、低い水温の時期から産卵していることが観察された。こうした特徴は、北海道中部や北部よりも降雪量が少ないこの地域特有の融雪期の気象条件や河川環境によるものであると推定された。

identifier:773097

identifier:ZZ20005635

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ