CiNii Researchの本公開について

羊草(Aneurolepidium chinense(Trin.) Kitag.)の耐塩性機構の解明(2)

書誌事項

タイトル別名
  • 植物体内におけるNa濃度・動態

この論文をさがす

抄録

type:論文

羊草の耐塩性が体内の塩濃度に由来するかについて、塩ストレス下においてペレニアルライグラス(耐塩性)およびメドウフェスク(塩感受性)と比較して調べた。羊草地上部のナトリウム(Na)濃度は他の2草種より低く、Naの排出速度は他の2草種よりわずかに高かった。地下部においては、羊草のNa濃度は他の2草種とほぼ同じであったが、Naの吸収および排出速度は他の2草種より極めて低かった。このとき、吸収と排出速度の差は他の2草種より小さかった。以上の結果、羊草の耐塩性は、地下部での塩の低吸収および効率的排出と、これらに起因する地上部での塩の低蓄積によるものと考えられる。

identifier:800316

identifier:ZZ00014871

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ