【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

リュウキュウマツ人工乾燥試験

書誌事項

タイトル別名
  • 乾燥スケジュールの検討とスパイク棧木による変形抑制効果

この論文をさがす

抄録

type:論文

乾燥コストの低減と,スパイク棧木の変形抑制効果の検証を目的として,リュウキュウマツの人工乾燥試験を実施した。乾球温度を80℃一定としたスケジュールでは,乾燥時間の短縮によるコスト削減が期待された。スパイク棧木の使用は,乾燥時の長尺方向での曲がり発生に対して抑制効果が認められるケースもあったが,その他の変形抑制には顕著な効果は認められなかった。

identifier:832166

identifier:ZZ20036874

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ