【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

カンパチ仔魚の初期飼育における適正な日長条件

書誌事項

タイトル別名
  • 仔魚の摂餌リズムと種苗量産飼育による検討

この論文をさがす

抄録

type:論文

実用レベルでの初期飼育における適正な日長条件を明らかにする目的で,24時間連続照明とした小型水槽および大型水槽を用いて1~7時間間隔で仔魚のワムシ摂餌数を調査し,仔魚の摂餌リズムを把握した。また,異なる日長条件(第1回飼育,20日齢まで6~20時までの14時間照明;第2回飼育,15日齢まで6~24時までの18時間照明)で種苗量産飼育を実施した。カンパチ仔魚の摂餌には概日リズムが認められた。また,24時間連続照明下において,仔魚は0時から6時頃の間には積極的に摂餌しない内因性リズムを示した。その結果,種苗量産飼育における仔魚の生残率は18時間照明とした飼育事例で高い傾向がみられ,初期成長も良く,25日齢と取り揚げ時(34~36日齢)に測定した全長は著しく大きかった。したがって,6~24時までの18時間照明が仔魚の摂餌リズムに適合し,生残と成長が改善されたものと考えられた。

identifier:851737

identifier:ZZ00008678

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 61 (1), 95-102, 2013-03

    水産増殖談話会

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ