【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

アポミクシス性特異的遺伝子の機能解析

書誌事項

タイトル別名
  • HSP::ASG-1::GFP遺伝子組換えシロイヌナズナの作出とその遺伝子発現

この論文をさがす

抄録

type:論文

植物のアポミクシス(apomixis)は無配偶生殖とよばれ,卵細胞が受精せず種子を形成する。このユニークな形質はF1の固定や育種年限の短縮など様々な面で期待されている。本研究ではアポミクシス性特異的遺伝子(ASG-1)の機能を解析するため,シロイヌナズナヒストンH2BとsGFP融合たんぱく質発現ユニットにASG-1を再構築し,シロイヌナズナにfloral dip法で遺伝子導入を行った。ASG-1遺伝子をもとに設計された特異的プライマーとhygromycin B耐性遺伝子をもとに設計されたプライマーでASG-1遺伝子導入について得られた組換え体の確認を行った結果,いずれかの組み合わせで必ず特異的なバンドが認められ,ASG-1遺伝子導入が確認できた。T2~T3植物およびコントロールとして用いた非組換え体のシロイヌナズナを37℃,3時間ヒートショック処理し,GFP発現の観察を行った結果,根は2時間でGFP発現が認められた。開花当日のおしべ,めしべ,胚珠,花粉の各部分でも同様GFP発現の観察を行った。小花の部分は自家蛍光が強いためにロングパスフィルターを併用してGFP発現部分の確認を行った。GFP発現はいずれの部分でも認められた。特に花粉に強くGFPの発現が認められた。以上の結果から,GFP発現を伴うASG-1遺伝子組み換えシロイヌナズナを作出できたことが認められた。今後,アポミクシス性特異的遺伝子ASG-1遺伝子の機能解析を進めるために,本研究で得られた組換え植物体を用いて各部位の形態的な調査,特に子房内で変化を,細胞学的に観察し,アポミクシス性特異的遺伝子であるASG-1の機能解析を行いたい。

identifier:872631

identifier:ZZ20010095

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ