【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ペットフード疑似科学を科学する(7)

書誌事項

タイトル別名
  • そのペットフードは安心ですか?

この論文をさがす

抄録

type:論文

中国が震源地の食材へのメラミン(プラスチック原料)混入によるペットや乳幼児の腎不全の死亡事故が,2007~2008年にかけて世界を駆け廻りました。事故の発覚はなかったものの,わが国でもメラミン混入ペットフードが見つかりました。長年必要性を訴えてきた「ペットフード安全法」は,メラミン事故がきっかけになってやっと施行されました(2010年)。ペットフードに使う蛋白質原料や乳製品の「見掛けの蛋白質」の偽装材としてメラミンが使われたのです。1966~1968年に掛けて,わが国においてメラミン類似化合物のアンメリンによる事故が雛で発生しています。飼料用魚粉に見かけの蛋白質の増量目的でアンメリンを混入しましたが,それを食べた雛が盲目になりました。

identifier:892083

identifier:ZZ00013955

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ