CiNii Researchの本公開について

2016年熊本県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける防疫対応について

この論文をさがす

抄録

type:論文

2016年12月,熊本県玉名郡南関町の91,900羽を飼養する採卵鶏農場で,高病原性鳥インフルエンザが発生した。延べ2,000人以上の動員と関係機関の協力により,防疫措置開始から39時間30分で農場内防疫措置を完了し,まん延防止および早期終息を図ることができた。その後,国の疫学調査チームの調査報告を受け,県内全養鶏場で野生動物侵入防止対策や緊急消毒を実施するなどの新たな発生の予防に取り組んだ。

identifier:920032

identifier:ZZ00011607

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ