CiNii Researchの本公開について

補足的内容を伴う連用形接続-農学系論文を対象として-

書誌事項

タイトル別名
  • Renyoo-form Conjunctions as Marker of Supplementary Contents: Focus on Papers Related to Agriculture

この論文をさがす

抄録

type:Article

連用形接続は、シテ形接続に比べて前項と後項の独立性が高い。しかしこのことは前項と後項に意味的連関がないことを意味しない。本稿では連用形接続において、前項が後項に補足的内容を伴う用法を農学系論文において調査・分析した。その結果、前項と後項が判断→根拠、総括的→部分的、概括的→具体的の関係で結ばれているものがあることが分かった。とくに判断→根拠、総括的→部分的は調査などのデータの分析の記述に用いられており、調査系の論文には多く見受けられる用法だと思われる。

identifier:信州大学留学生センター紀要 5: 1-12(2004)

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ