【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

在宅看護論における難病患者の就労支援に関する授業の学習効果【第3報】

書誌事項

タイトル別名
  • Learning Effects of Classes:Ralated to Job Assistance for Rare Disease Patients in Home Nursing Theory [The Third Report]

抄録

要旨(Abstract)3年課程の看護専門学校2校2年生80名を対象に在宅看護論において「職業生活を支援する看護」の授業を行い、授業後に「難病患者の就労に関する闘病記」を読んでの感想を課題として提示した。テキストマイングにて感想文の内容を分析したところ、患者の身体的苦痛や難病であるがゆえの苦悩や将来への不安といった心情や患者と家族が前向きに生活できるための環境調整の必要性の理解、看護師という夢に向かっている自分の姿に重ね、難病に苦しみ悩んでいる人の役に立ちたいという看護師としての目標を見つける機会ともなり、一定の教育効果がみられた。一方で、看護職による就労生活支援への具体的な支援内容については、記述がほとんどみられなかった。このことから今後は、闘病記の選定、闘病記を読むタイミング、読後に行うフォローアップ学習の工夫についての検討が必要であることが明らかとなった。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050845763865668736
  • ISSN
    2188-918X
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1413/00002979/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ