【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

寛永時代葡人の日本貿易に就いて

書誌事項

タイトル別名
  • カンエイ ジダイ ポルトガルジン ノ ニホン ボウエキ ニ ツイテ
  • Kanei jidai Porutogarujin no Nihon boeki ni tsuite

抄録

type:text

この一篇は、本誌前號(第十二卷第二號)所載、C. R. Boxer氏のNotes on the Portuguese Trade in Japan during the Kwanei Period (1624-4643)を、編輯者の需めに依り、急遽譯出したものである。譯者淺學なる上に、〓卒の間に成りしもの、素より拙譯たるは脱れないのであるが、殊に譯語の當を得ざるものあるを恐れる。ボクサー氏は、英國大使館外交官補の肩書を持つ英國陸軍中尉で、去る五月初、三ケ年の任期満ちて歸國の途についた。氏が十五世紀以降の東印度史、殊に日葡交通の歴史に造詣深きことは、既に幾多發表せられし著書論文によりて知る人は知らう。私は氏との交友は短かゝつたけれども、そのうら若くして、而も深き學殖と研究に對する一種の風格を持つ徹底した態度、生れながらの貴公子然たるその風貌と玲瓏たる爲人とによつて、忘れ得ぬ深き印象を受け、又益せられる所が多かった。氏は日本滞在三年にして、既に自由に日本の語を解し日本の書を讀む。恐らく彼はこの拙劣なる飜譯を讀んで微笑するであらう。この飜譯のために、幸田先生の教を受けたところが多い。記して感謝の意を表する次第である。

収録刊行物

  • 史学

    史学 12 (3), 109(487)-154b(532b), 1933-08

    三田史学会

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ