CiNii Researchの本公開について

〈書評〉ハインツ・シュールマン著『イエスの本来の死』/ ギスバルト・グレスハケ、ゲアハルト・ローフィンク共著『近い終末への期待・身体の復活・霊魂の不滅』/ ディートリッヒ・ヴィーダケアー著『救済信仰』

機関リポジトリ オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • ショヒョウ ハインツ シュールマン チョ イエス ノ ホンライ ノ シ ギスバルト グレスハケ ゲアハルト ローフィンク キョウチョ チカイ シュウマツ エ ノ キタイ カラダ ノ フッカツ レイコン フメツ ディートリッヒ ヴィーダケアー チョ キョウサイ シンコウ
  • 〈Book Reviews〉 Heinz Schürmann, Jesu ureigener Tod. Exegetische Besinnungen und Ausblicke, 1975/Gisbert Greshake, Gerhard Lofink, Naher wartung, Auferstehung, Unsterblichkeit, Untersuchungen zur christlichen Eschatologie, 1975/Dietrich Wiederkehr, Glaube an Erlösung, Konzepte der Soteriologie vom Neuen Testament bis heute, 1976

この論文をさがす

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ