【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

組合員活動の効果

書誌事項

タイトル別名
  • 准組合員を組合員活動に取り込む日本の農業協同組合の事例

この論文をさがす

抄録

type:論文

協同組合では,組合員の意思の方向性はガバナンスに関しての重要な要素であると言われている。しかし,日本の総合農協では正・准組合員が混在し,協同組合に関しての利用理由や意識が異質っており,協同組合のガバナンスを効かせる上で難しい問題となっている。近年,准組合員数が正組合員数を上回っている農協が増えており,JAグループでは議決権のない准組合員もガバナンスに取り込むため,アクティブ・メンバーシップという方針を2015年に掲げるようになった。本研究では,積極的にアクティブ・メンバーシップの方針を取り入れて活動している総合農協を事例に,正・准の種別及び協同組合に対する意識や活動とガバナンスとの関係についてアンケート調査を実施した。その結果,准組合員であっても組合員活動に積極的に参加している人は活動に参加していない正組合員よりも協同組合に対する親しみが強く,必要性も認識し,意見を伝える頻度が高いことが明らかになった。また,組合員活動に積極的な准組合員は消極的な正組合員よりも生活事業を利用する傾向にある。組合員の活動内容はアクティブ・メンバーシップの涵養に影響を与えており,市民農園・組合員セミナーなど定期的に参加する活動は,農業体験・料理教室など一時的に参加する活動より,組合員のガバナンス意識に変化を与えていることが明らかであった。

identifier:932090

identifier:ZZ20004775

収録刊行物

  • 農村研究

    農村研究 130 38-57, 2020-03

    東京農業大学農業経済学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ