【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

北海道のスターチスから分離された2種ウイルス

この論文をさがす

抄録

type:論文

2007年8月に岩見沢市のスターチスで葉にモザイク症状を呈する株を認めた。また,2009年11月には深川市,2017年はむかわ町のスターチスで葉が退緑症状を呈する株を認めた。各種ウイルス抗血清を用いてELISAを行ったところ,モザイク症状株はCMV抗血清に陽性反応が認められ,退緑症状株はCIYVV抗血清に陽性反応が認められた。それぞれの発病株からウイルスを単離し,生物検定やPCR検定を行った結果,それぞれCMVおよびCIYVVと同定された。また,両ウイルス株をスターチスに接種したところ,原病徴が再現された。各ウイルスによるスターチスの病害は北海道で未報告であることから,CMVおよびCIYVVによるウイルス病の発生を報告する。

identifier:930688

identifier:ZZ00014131

収録刊行物

  • 北農

    北農 86 (4), 302-306, 2019-10

    北海道農事試驗場北農會

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ