CiNii Researchの本公開について

New host records for Scaphanocephalus adamsi (Platyhelminthes: Trematoda: Heterophyidae) from commercial fishes off Yaeyama Islands

書誌事項

タイトル別名
  • 八重山産の水産有用魚種から得られたScaphanocephalus adamsi (扁形動物門: 吸虫綱)の新宿主記録

抄録

type:論文

type:text

Encysted metacercariae of a poorly investigated digenean, Scaphanocephalus adamsi, are commonly found on fins and under scales of coastal marine fishes in the Ryukyu Archipelago, Japan. We here report its host range, focusing on commercial fishes landed at the Yaeyama Fisheries Cooperative of Ishigaki Island. During the study period from February 2017 to May 2018, metacercariae were recovered from four species of goatfishes (Mullidae spp.) and 14 species of parrotfishes (Scaridae spp.), with new host records for four species. Since metacercaria infection decreases the rating of fish prices in local fishery cooperatives due to their poor appearance, the occurrence conditions in newly recognized hosts should be evaluated to help protect commercial values.

吸虫の一種Scaphanocephalus adamsiは, フィリピン周辺および琉球列島沿岸に生息する海産魚類のヒレや鱗下に被嚢幼虫(メタセルカリア)として寄生する. 市場に並ぶ水産魚種への寄生も日常的に確認されるため,宿主範囲を含めた情報の蓄積が求められる. そこで本稿では, 八重山漁協において被嚢幼虫が認められたヒメジ類およびブダイ類を報告する. 2017年2月から2018年5月までの間に, 4種のヒメジ科魚類および14種のブダイ科魚類から本種幼虫が得られ, 4種が新宿主記録に該当することが明らかとなった. 被嚢幼虫の存在は魚価低下の一要因であるため, 各宿主魚類における寄生条件を明らかにし, 価格安定へ向けた取り組みがなされる必要がある.

identifier:https://fauna-ryukyuana.webnode.jp/

収録刊行物

  • Fauna Ryukyuana

    Fauna Ryukyuana 59 21-26, 2021-03-11

    Ryukyu University Museum, Fujukan

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ