CiNii Researchの本公開について

COVID-19流行下におけるソーシャルワーク実習の模索 ① : 学内代替実習の検討プロセスに着目して

書誌事項

タイトル別名
  • Searching for field training of the social work under the epidemic of COVID-19 (1) : focusing on the process of considering alternative training in campus

この論文をさがす

抄録

type:論文(Article)

本研究は2020年度における鹿児島国際大学福祉社会学部のソーシャルワーク実習(社会福祉士養成課程)を素材に、COVID-19流行下における①ソーシャルワーク実習を学内代替実習へと切り替えるプロセス、②学内代替実習プログラムの検討プロセスについて精査を行った。限られた時間の中で学内代替実習の形をどのように模索し、現実的判断を行うことができたのかについて時系列に出来事や資料を整理することで振り返りを行った。また、学内代替実習のプログラミングを可能にした諸条件として、①本学社会福祉学科及びソーシャルワーカー養成教育の歴史の重なりによる多様な人材、②既存のネットワーク(専門職団体・教員の保有するネットワーク)との有機的連携、③実習プログラミングをサポートする既存の体制の3点が整理された。

This research is based on the social work training of the Faculty of Welfare Sociology of The International university of Kagoshima in 2020. Under the COVID-19 epidemic, we scrutinized (1) Process of switching social work training to alternative training in campus, and (2) Process of examining alternative training programs in campus. We looked back on how we were able to explore the form of alternative training in campus and make realistic judgments in a limited amount of time by arranging events and materials in chronological order. In addition, as conditions that enabled programming of alternative training in campus, (1) Diverse human resources due to the overlap of the history of the Department of Social Welfare and social worker training education of the university, and (2) Organic cooperation with existing networks (Network owned by professional organizations and faculty members), (3) Existing system to support field training programming, was organized.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ