【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

<研究論文>音声言語の感情価調査

書誌事項

タイトル別名
  • Survey on Affective Valence of Spoken Words

抄録

本研究の目的は,音声言語の感情語を作成することであり,音声言語の感情価を調査した。大学生30名が調査に参加した。漢字二字熟語の感情語(五島・太田,2001)から選択した165語を調査対象とした。参加者は,7件法(1:非常にポジティブ,7:非常にネガティブ)を用いて,音声で提示された言葉の感情価を評価した。言葉の平均評定値が4(ニュートラル)と有意に異なるものをネガティブ語かポジティブ語とし,4と有意差のないものをニュートラル語とした。男女差のない感情語を作成するため,男女間で感情価が異なる言葉は除かれた。調査の結果,150語の音声言語が3種類の感情語に分類された(ネガティブ語が60語,ニュートラル語が23語,ポジティブ語が67語)。感情価の平均評定値は,ネガティブ語がM=5.96(SD=0.31), ニュートラル語がM=3.94(SD=0.14),ポジティブ語がM=2.36(SD=0.43)であった。本研究では,聴覚ワーキングメモリにおける感情語の影響について,行動科学と神経科学の観点から考察した。

The purpose of the current study was to survey about valence of spoken words. In this study, negative, neutral, and positive were for the affective valence. 30 university students were asked to rate about affective valence about 165 spoken words that had been rated for valence of two-compound kanji words in Gotoh and Ohta (2001). Participants indicated on a 7-point scale ranging from 1 (very positive) to 7 (very negative). If mean of affective valence was significantly difference from neutral point,it was negative or positive affective valence. If mean was not significantly difference from the point, it was neutral affective spoken words.After that,60 negative valence words,23 neutral valence words, and 67 positive valence words were selected. Mean affective valence were 5.96, 3.94, and 2.36 for negative, neutral, and positive words, respectively. I discuss the effects of affective auditory words on auditory working memory, in terms of behavioral science and neuroscience.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050850623775717248
  • ISSN
    1882-8205
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1123/00000635/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ