【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

大学生の就職活動におけるつまずきの分析Ⅱ─ 学部・パーソナリティ要因からの検討─

書誌事項

タイトル別名
  • The Analysis of University Studentsʼ Difficulties with Their Job Hunting II: The Examination from the Factors of Faculties and Personality
  • The Analysis of University Studentsʼ Difficulties with Their Job Hunting II: The Examination from the Factors of Faculties and Personality

抄録

type:Bulletin

本研究では,就職活動のつまずきと調査協力者のパーソナリティや学部学科との関連を明らかにすることを目的とし,大学4年生43名を対象にインタビューと質問紙調査を行った. その結果,パーソナリティとの関連として,(1)高い達成動機と興味関心の低さというアンバランスさが,面接やグループディスカッションでの失敗をつまずきとして捉えさせる,(2)対人的な親しみを示すのが控えめな学生が頑張って面接に挑戦したが,それに失敗すると,就職活動からの撤退を行いやすい可能性,(3)就職活動にめげずに取り組むには,ある程度の変化や刺激に慣れておく必要性などいくつかの示唆を得ることができた.

In this study, we aimed to examine the correlation between the studentsʼ difficulties with their job hunting and faculties and personality. We had interviews and questionnaire for the 43 students in the fourth grade in bachelor course. As the correlation with personality, the results indicate that: (a) the imbalance from the high level of achievement motivation and low level of interest creates the notion of difficulties when they fail in job interviews and group-discussion, (b) if a student who tends to show little friendliness to others fail in job interviews, he has a tendency of withdrawing from his job hunting activities, and (c) to work hard on their job hunting, they should get used to some level of stimulation and changes.

教養教育

Liberal Arts

論文

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050850777426651904
  • ISSN
    2188-4897
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10742/00003352
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ