【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

黒田日銀総裁の金融政策と為替レート

書誌事項

タイトル別名
  • How Governor Kurodaʼs Monetary policy affected on Exchange Rates?
  • How Governor Kurodaʼs Monetary policy affected on Exchange Rates?

抄録

type:Bulletin

本稿では,中央銀行の金融政策としてハイ・パワード・マネー(HPM)の供給量をとり,それと円/ドル・レートの関係を論じる。 長い間日本銀行の金融政策と円/US ドル・レートの間には,有意な相関は見られなかった。つまり,日本のHPM 供給量の増加(減少)と円安(円高)は,結びついていなかった。一方,アメリカの金融政策と円/ドル・レートの間には,強い相関が存在した。アメリカのHPM 供給量増加(減少)が,ドル安円高(ドル高円安)に結びついていた。つまり,円高・円安はアメリカのHPM 供給量とのみ,関係があったと言えるのである。それが,黒田東彦氏が日銀総裁に就任して以降,日本のHPM と円/ドル・レートの間には,長期的な安定関係と言われる共和分関係が成立するようになった。同時期,アメリカのHPM と円/ドル・レートの間には,共和分関係は成立していない。 少なくとも円/US ドル・レートと日本のHPM との関係で見る限り,黒田日銀総裁の金融政策は,これまでにない明確な相関を築いたといえる。

研究ノート

Note

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ